足立健

noteでも同様の記事投稿しています

2022-11-01から1ヶ月間の記事一覧

へり

歩いているうちに都市はだんだんその背丈を低くしていった。巨大な摩天楼、建ち並ぶ古びた団地、ケーキのように叙情された住宅たち、セイタカアワダチソウ。僕を拒絶する意味合いがだんだんと消え失せていき、緩やかに、しかし確実に僕は一人になっていく。…