足立健

noteでも同様の記事投稿しています

へり

歩いているうちに都市はだんだんその背丈を低くしていった。巨大な摩天楼、建ち並ぶ古びた団地、ケーキのように叙情された住宅たち、セイタカアワダチソウ。僕を拒絶する意味合いがだんだんと消え失せていき、緩やかに、しかし確実に僕は一人になっていく。

あとは全部なくなった山だけが続く。砂一面に少しずつ足が沈んでいく。僕は寂しさに呑み込まれないため足早に前へ向かう。

世界のへりには優しさだけが残っているらしい。あの子の名前ももう忘れてしまったな。僕は独りごちて歩を進める。光ってればよかったのに。