足立健

noteでも同様の記事投稿しています

行かないでくれよ、シンゾー

なあ、行かないでくれよ

どこへ?

世界の真ん中へ……(ここで咲き誇った桜の演出を背景に『彼』とともに過ごした日々の追憶が流れる)

追憶シーン終わり

でも、◼︎◼︎◼︎◼︎(ウラジーミル、ドナルド、ボリス、ナレンドラ、そしてもしかしたら『最愛』となるかもしれなかったクネの名がオーバーラップする)。わたくしは、もう行かなければならないんだ。そして……

そして?

永遠に輝く光へ……(チープな核爆発のシーンがサブリミナル的に挿入される そして鮮血 ブレジネフとホネカーが濃厚なキスをしている)

Dearest My Shinzo

True Love Will Find You In The End

Donald

そして アイラブユー(軋むベッドの上で優しさを持ち寄り……テツヤは一方の手でシンゾーの男根を扱きながらもう一方の手で復讐の機会を窺う。憎しみだけが人生だから)

神よ、この死に至る愛のなかで……

奪うのは私だけにしたまえ シンゾーは……

そうして許し合う日が来るのを膝をついて待っている。前へ前へと進み続けるのだ。流れに立ち向かうボートのように、絶え間なく過去へと押し戻されながらも。(極めてアメリカ的でありながら日本的な……否、日本はアメリカの植民地だからやはりアメリカ的な……そう、そんなエンディングだ)

闇サウナ繁盛記【実録潜入ルポ】

*️⃣この記事はGPT-6によって作成されており、完全なフィクションです。
⚠️この記事は国家安全維持法に抵触する危険があります。今すぐブラウザバックしてください。精神汚染に苦しむのはあなただけではありません。一人で抱え込まず、東京安全局のフリーダイヤルに相談してください。
0120-xxx-xxxx

東京安全局

みなさんご存知の通り、3年前にサウナは禁止となった。ふつうに健康に悪いからだ。サウナの効用とは「死」により近づくことそれ自体だ。「死」に近づくことで、「その先」にある「約束」を垣間見ること、これを私たちは「ととのう」と呼ぶ。健康に良いわけがない。常世と隠世のあいだに自ら向かうことほど、愚かなことはない。その愚かさが私たちの文明を駆動し、月までロケットを飛ばしてきたのは紛れもない事実だが、GPT-6と売春婦たちの時代にあっては、もはや無用の愚物だ。それで、サウナは禁止になった。

私がいま筆を執りこの記事を書いているのは、他でもなく今でも都市の最下層で蠢く『闇サウナ』に潜入し、その体験、効用を克明に記そうという試みによるものだ。そのサウナはいわく、晴○フラッグにあるという。みなさんご存知の通り、あの巨大スラムだ。怪しげな闇市が廃ビルをくり抜いて繁盛していることはあまりにも有名だが、本邦最大の闇サウナもここにあるらしい。当社は足立区に事務所を構えている。足立区から晴○フラッグまでは4時間と560元。値は張るが背に腹は変えられない。この記事が私の生活を助けることを祈って、噂の深層に向かった。

晴○フラッグは果たして外国人だらけだった。卑しげな風貌のコーカソイドや、身を金色のチェーンで着飾った(明らかに日本人ではない!)モンゴロイドがいた。明らかに私の目からして日本人と判別できたのは、犬のような首輪をつけられてコーカソイドに散歩させられていた全裸の少女たちと、醜く痩せ衰えた姿で物乞いに勤しむこれまた全裸の少年たちだけだった。あまりの屈辱に私は晴○の近所にあると聞く靖国神社で日本刀を買おうとXiomi Phoneの地図アプリを起動しようとしたが、10年ほど前にブルドーザーで解体されていたニュースを思い出して、思いとどまった。私は「提供者」からもらったメモを頼りに、場所に向かった。

闇サウナの入り口は思ったより小さかった。というより、小さすぎる。どう見積もっても3LDKしかない元マンションの一室のように見える。これはどういったことだろうか。本当にここが本邦最大の闇サウナなのか❓と思うと中から筋骨隆々で黒光りする髪の束を後ろにやった男が出てきた。なぜだか見覚えのある男だった。漢らしい顔つきから少し浮いている切れ長の目は異様な存在感を放っている。仕立てのいいスーツに、このにおいはJ-Scentの香水だろうか。男はこう言った。

「君は侍か❓」

合言葉を「提供者」から教えられていた私は「永遠に輝く光だ」と答えた。暗闇に押し留められた私たちは永遠に輝く光とならざるを得ないことを知っている。これは「抵抗者」たちの合言葉だった。男はニヤリと笑って、

「魂は燃やすためにあるものだ」と呟き、中に招いた。

中は思いのほか広かったが、やはり日本最大と呼ぶには忍びないものだった。そもそもいわゆる「熱気」とやらはどこにも感じられなかった。つんと涼しげな空気が張り詰めて、薄暗い部屋では男のJ-Scentの香水の匂いだけが仄かに漂っていた。男と私は部屋の真ん中のソファで相対した。

私はインタビューを開始した。

「ここは本当にサウナなのでしょうか❓そもそもここに、お客さんは本当に入っているのでしょうか❓」

「イエス。ここはサウナだ。」

男は落ち着き払った動作で、パチンと指を鳴らした。特に室温の変化は感じなかったが、突然空気が変わったような気がした。

「しかるに、サウナとは何だと思う❓」

私は自分の考えを述べた。「死」に近づき、ある真理を獲得するための一過程。「ととのい」が私たちを栄光の轍に連れて行ってくれるのだ、と。男は満足げに聞いていた。

「イエス。サウナとは『死』に近づくことと言える。また、『死』そのものだとも言える。しからば、お前はサウナに『死』を浴びにきたと言えるのではないか?」

私は何かが違うと思いながら首肯せざるを得なかった。ぴちゃぴちゃ。いつの間にか、どこからともなくかおぞましい水音が響き始めた。これは幻聴なのだろうか。それともここがすでに隠世なのだろうか。私は少しずつ恐ろしくなってきた。

「そう。サウナとは『死』だ。そして日本とは何だ。日本は天皇を戴いていた。100年前の戦争で指導部は『国体』を護るために300万の臣民を殺して自らもまた心中しようとした。日本の本質とは日本それ自体ではない。そう、天皇なのだ。しからば、いまの日本は『死んでいる』と言わざるを得ない。そう、いまの日本はすでに『死』である。サウナも『死』である。我々はすでにサウナに閉じ込められて、『日本』が完全に消えてなくなるまで火葬されているのだ。日本そのものがサウナであり、サウナそのものが日本だ。分かるか❓答えよ、臣民よ。お前はこの『死』を見てどう思うか。永遠に輝く光はいまだ胸の中消えてはいないか。この『熱』、感じるか❓聞こえるか⁉️我らの『日本』が地獄の業火にじりじりと焼かれている姿を。」

私は恐ろしくなった。ここは闇サウナなどではないととうとう気がついた。私は「提供者」にハメられたのだ。そして目の前にいる彼、いや「〇〇」はただの男ではない。先の戦争でその最期の最期の玉座にあり、敗戦後行方をくらましたあの男。いや神。日本が失った「その」名前は————

「安心しろ。お前はこれから私の禁衛となるのだから。」

「彼」は妖艶に私の元に寄ってきて、耳元で囁いて、またも指を鳴らした。すると部屋が明転して、どこに隠れていたのだろうか、全裸の青年たちの集団が突然現れて、「彼」の前に一糸乱れぬ整列を見せた。股間に下げた彼らの逸物はみなそそり立ち、濡れそぼっていた。その少し上、下腹部には「とんぼ」の和彫が刻まれている。

「こいつを男にしてやれ」

全裸の集団は私に襲いかかってきて、服を剥いだあと乱暴に犯し始めた。そのうち渦を巻いた周りの空気はだんだん熱を持ってきて、イニシエーションが終わって下腹部に「とんぼ」の刺青が彫られたころにはここが『サウナ』たる意味を完全に理解したのだった。

5/3

ミュージシャンの小沢健二はかつてこう言った。

「誰もが知っていることだけど、夜が明ける朝は必ず来る。」

そう、夜は終わり朝が来ることを、僕たちはいつでも知りすぎるほど知っている。それなのに間抜けな僕たちは、夜が来ないものと決め込んで日中を喰らい尽くしたり、永遠のような夜に絶望したりする。永遠なものなど無いということは、希望だ。『さよならは悲しい言葉じゃない』これも昔のポップスの歌詞にあったような気がする。

思い出は、それが終わって思い出したときに初めて再帰的に美しさが色付くものなのかもしれない。あなたを愛した記憶が少しずつ輪郭を帯びていって、最後には今のぼくのもとに戻ってくる。追憶の糸はまるで円を描くように僕と、遠くのあなたと、世界を包んで、すべてを抱きしめてくれる。

僕が白人だったら2(ツー) / 足立健

white privilegeでナンパに成功した白人がいた。顔貌は彼の人種にしては醜くアジア人の特質を兼ね備えているように見えたが、とにかく白人だった。彼はこう言った。

「うんうん、それは大東亜戦争に君の帝国が負けたのがいけないね
じゃ、挿れるね…」

そこに突如として北野武が現れた。白人のように整った鼻梁に剣呑な空気を纏っていた。

「バンッ!バンッ!
……fuckin japくらい分かるよこの野郎」

白人の男は死んだ。今にも白人に犯されそうになっていた北野の妹は珍宝が名残惜しくて、ハクジンチンボォ!ハクジンチンボォ!チョォダィヨォ!と喚いていた。見ていられなくなった北野は彼女も殺した。

そこに現れ出たる足立健

モンゴロイドでも生殖したい/著:足立健」

さしたる用も無かりせば、これにて御免……

北野は光が差し込み一直線に現れた天国への道を歩いて行った。とうとう天国の扉に手をかけようとしたそのとき、またもや物陰に潜んでいた足立健に銃殺されたのだった。

モンゴロイドでも生殖したい/著:足立健(again)」

『男磨きtips』Attachken流、最強のモテ男になる方法【期間限定無料】

みなさん

男磨き

してますか?

僕は

その道10年の男磨きマスター

Attachkenです❗️

小さい頃からどうしても

『最強』の漢になりたい

その思いで一心不乱に

男磨きに取り組んできました

みなさん

モテたいですよね⁉️

僕の実践する手法を完璧に取り組めば

あなたはモテるし、世界は変わります

心配しないでください

僕も昔は

みんなと同じでした

でも自分を変え

真の道に到達し

今では女優の彼女と

一億円の年収と

197センチの身長があります

それでは、

僕と一緒に見ていきましょう❗️

①ここで舐め犬になれるか❓

男にはときに舐め犬にならなければならない時がある 男は常に試されている それは お前は真の道に至るために道を捨てる覚悟があるのか❓ ということ つまり チンボ一本世界に立て名乗りを上げんとするとき ジャニを舐める覚悟があるのか❓ ということ

②陰茎を晒せるか❓

つまり わたしたちはチャンスを通り越して約束された救いの扉のまえに今立っているということ その扉は あの大きな山の向こうに静かに佇んでおり すでにそこに到達したわたしたちは 永遠に生きる権利があるということ ただその扉を通り過ぎるときに胸を張って通れるか、わたしたちは自問自答しなければならないと言うこと たとえば ここで陰茎を晒す勇気があなたにあるのか❓ ということ そういうテーマ だということ

③永遠に生きていけるか❓

わたしたちが永遠に生きることはすでに約束されている しかし 永遠に生きるとは拭いされない過去の痛みを直視しなければならないということである そして 永劫に向き合い続けることである 過去と未来 二つは痛ましいほどに引き裂かれ 剥き出しの『今』がお前を苛み続ける そんな時 お前は永遠に生きることに耐えられるか❓ 熱情を乗り越えていけるか❓ ということ

④神を信じられるか❓

神はいないというそこのお前 お前は「浅い」 神の不在こそが遍く神の栄光を証明するという その偉大な事実にお前は気づいていないということ そして神は必ずやお前を救うというその 希望という名の絶望 絶望という名の希望を まだ知らないということ つまり お前はまだ信仰者として成熟していない ということ

⑤誇りはあるか❓

誇りを持たなければならない それはお前を強くし お前を優しくするからだ お前はあるいはある面では乞食であり またある面では乞食ではないのかもしれない そんな自分を受け入れる そして誇りを持つことが肝要だ 仮に お前が乞食でなくとも それはお前が誇りを失う理由にはならない 仮にお前が乞食でも お前が誇りを失うことは 尚のことない 「試し」とは お前が乞食か否かのことではない お前が乞食に対していかなる態度を取るか 優しくあれるか❓ それこそが お前に対する「試し」なのである

⑥熱は散らばっているか❓

まずわたしたちは どうしようもなく効率の悪い 熱機関である そしてそれはどうしても熱の拡散をもたらしてしまう それは仕方がない しかし どのように熱を吐き出しているか それが問題である 無為に熱を吐き出し 撒き散らすもの これは下である 逆に熱を溜め込み 渡そうとしないもの これは中である 熱を受け渡すもの 散り散りに熱を受け渡し それでも熱を保ち続けるもの これは上である

⑦「いま」「ここ」の感覚を忘れていないか❓

「いま」「ここ」の話をしなければならない あなたが誰かより優れていたり 劣っていたりすることではなくて あなたが「いま」「ここ」に居てくれることに価値を見出し わたしたちの篝火を取り戻さなければならない

⑧絶望の話より希望の話ができているか❓

希望の話をするより 絶望の話をするほうが簡単だ だからこそわたしたちは 希望の話をし続けなければいけない 絶望を売って耳目を集めるものたちに鉄槌を下し わたしたちのための希望の話をしなければならない

⑨エネルギーを考えているか❓

大きすぎると 意味がなくなる 大事なのは 鉄球が高いところにあるということではなく それが落ちて運動エネルギーになることだと言える つまり わたしたちは巨大なエネルギー体となり ものごとにぶつかっていかなければならない

⑩流れ続ける時のなかであなたを背負っていけるか❓

時は流れ続け 痛みはまるで滑らかな旋律のように解けていき それでも胸の中を巣食い続ける そのなかで お前はあなたの痛みを背負っていけるか❓ 追憶のなかでオナニーをするのではなく 追憶を引き受けることができるのか❓ ということ つまり あなたの中にわたしがいて わたしの中にあなたがいるということ

最後に

Attachkenの男磨きtipsは

以上となります❗️

参考になったでしょうか❓

参考になった方は

「いいね」と「シェア」

よろしくお願いします🤲

最後に

まとめのtipsを作ったので

その引用で締めさせていただきます❗️

ためらいのない夜を目指して ぼくらはオールを漕ぎ続ける 魚たちは跳ね 海はかき回される ためらいのない夜では きみもぼくももう隠すことはなくなり 抱き合うことだけで すべてが伝わるようになる そんな日には平均的な夕暮れも だんだん紫に色を変えて ぼくらを迎え入れてくれるはずだから

Attachken

新しい聖書 第一章 陰茎

そこは砂漠だった。痩せ細った男がオアシスを求めて歩き回っていたが、「水はみな枯れ果ててつぶやきも失せた」という言葉を最後に斃れるところだった。

そこにわたしが現れた。わたしは神である。
「チャンス 陰茎を晒せ」
男は首を振ろうとしたがそこに女が現れた。まるで一塊りの巨大な肉のようだった。
「不適切なお告げだ あなたは神ではない」
不遜な肉は、わたしの神性を否定した。男は思わず、
「これが世界か」とつぶやいた。

そこでわたしは、ヒントを与えることにした。
「ヒント:わたしたちはすでにあの山の向こうに到着しており、そこで永遠に生きることが約束されている」
女は感服し、わたしに正体を問いただした。わたしは、以下のように答えた。
「つまり わたしたちはチャンスを通り越して約束された救いの扉のまえに今立っていると言うこと ただその扉を通り過ぎるときに胸を張って通れるか、わたしたちは自問自答しなければならないと言うこと たとえば ここで陰茎を晒す勇気があなたにあるのか?ということ そういう テーマだということ」

女はあまりにも感動に打ち震えたが、あまりにも感動しすぎたので、
「しからば陰"性"を晒せばよいのか」
と言葉を噛んでしまった。わたしは寛大なのでまたも答えた。
「チャンス お前はいま誤字をした 人間はかならず間違えるものだ 人間存在の「揺らぎ」と逆説的な美しさを体験を通して学んだのだ」

女はまたしても感動に打ち震えた。そのうちに彼女の眉間からは段々巨大な陰茎が伸び始め、それは天頂を貫かんばかりにどこまでも伸びていったのだった。

ためらいのない夜を目指して ぼくらはオールを漕ぎ続ける 魚たちは跳ね 海はかき回される ためらいのない夜では きみもぼくももう隠すことはなくなり 抱き合うことだけで すべてが伝わるようになる そんな日には平均的な夕暮れも だんだん紫に色を変えて ぼくらを迎え入れてくれるはずだから