足立健

noteでも同様の記事投稿しています

さようなら僕らの8月

さようなら事後の沈澱した部屋の薫りへ
ゲレンデに悪夢を全部連れて行ってよ
押し花のすえた匂いはもう忘れてしまったかい
今でもくちはてない西瓜はなんだったんだろうね

さようなら椅子にはもう汗なんて染みてないけど
もう悪夢を見ることはないかい
顔が見えないからつらいのはなんでかな
ゴミ箱をいつまでも撫でていた

さようなら僕らの不安と8月のぬるい風
部屋を切り取る午後の陽の光
くちはてない追憶のかけら
尽きることない妄執は