足立健

noteでも同様の記事投稿しています

Untitled

痛みが来るまでの間耳を塞いで待っていた
世界はまるで雲が流れるように流れ、俺は消える光の螺旋をつかむ
あの墓碑は誰のものだろうか?
誰のものでもないことを祈り俺はそっと花を手向ける

もっと深く伸びていく階段を降りると、行き止まりがあった
行き止まりを壊すと道が現れた
薄暗い一本道を、俺はだんだん降りていく より深くへ降っていく。
きっと底では何もなさがあるだけで、俺はその何もなさを抱き締められるのだろう 僕はいつでもそういられるから
あなたはあなたの為だけにある 流れる言葉の水面に過去のあなたが反射する

星が瞬いていたが、それは俺たちになんの役にも立たなかった もっと光ってくれていたら、少しは違ったのだろうか? 旋回を続ける俺たちの足跡が墓碑であるように祈って、遠くの灯りに目を細めた

もう一度さよならが言えるように